FLSA(公正労働基準法)とは

FLSA(Fair Labor Standards Act) はアメリカ全土で適用される労働法であり、最低賃金や時間外労働について規定している法律です。FLSAは連邦政府・州政府等の公的機関・病院・学校等に適用されるほか、州際通商等に従事する者や、年間売り上げが50万ドルを超える企業での業務に従事し、かつ特定の業務を行う者に適用されます。

 

アメリカは州ごとの権限が強く、連邦法での規定事項は下記4項目と最小限となっています。

1. 最低賃金 7.25$

2. 時間外労働 週40時間以降150%

3. 重要事項の記録 12の事項について記録

4. 年少者の労働 14歳未満の雇用を禁止

​時間外割増賃金: 週40時間超の労働に対し150%の割増賃金を支払う必要があります。

•週の起算日は任意に設定可能

•週末、祝日の労働は週40時間超に該当しない限り割増賃金は不要

•2週間以上の労働を平均化することはできない

重要事項の記録・保管: 下記12項目を記録し保管する必要があります。

1.従業員の氏名・社会保障番号

2.住所

3.生年月日(19歳未満の場合)

4.性別・職業

5.始業時間・週の起算日

6.賃金の支払基準(例:「1時間あたり9ドル」、「週440ドル」)

7.1日・週ごとの労働時間

8.毎日または毎週の基本給

9.就業週の総残業手当

10.従業員の付加賃金・控除賃金

11.各給与期間に支払われた賃金の合計

12.支払い日と支払い期間

About us

弊所の事務所概要をご覧いただけます。

​弊所の代表者プロフィールをご覧いただけます。

​弊所の個人情報保護方針をご覧いただけます。

Please reload

弊所の経営理念をご覧いただけます。

弊所のアドバイザリーをご覧いただけます。

弊所までのアクセスをご覧いただけます。

Please reload

​まずはお気軽にお問い合わせください。

​0 3 - 4 5 0 0- 8 2 4 7

受付時間 平日 9:00 - 18:00

Copyright©TERASHIMA STRATEGIC HR OFFICE.All Rights Reserved.